暗中模索

このよにかざした細い指先。 答えを探し求めている…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

変化

良くも悪くも俺は変わってしまった


人と関わろうとせず
むしろ敬遠しており…

つまらない事でバカ笑いする輩に憤慨したり…

周りは四面楚歌であると決め付け
パーソナルスペースが狭すぎたり…

とにかく周りと距離をとっていた
否!!遮断していた

言うなれば人里から離れたジャングルに住むオオカミ少年

周りに近づこうとせず否!近づかせず
周りに気を張って…否!!バリアを張っていた…
だからこそ周りに対して極度に気を遣ってもいた

人との距離が遠いからこそ
人の事を考える事もでき
視ようとする事も出来た

いつもピリピリしているような
近づき難い雰囲気を醸し出していた
そんな人里離れたジャングルに住んでいた俺が
いつの間にやら人里に降りて都会に住んじまってるがな

シティーボーイと化してないかい…

近づき難い雰囲気なんかありゃせんがな
鋭利に研ぎ澄まされた抜き身の刀が
錆付いて鞘に収まった鈍(なまくら)刀になっちまってるがな

否否否否…俺ではない!!
・・・が、否定は出来ない
何かが変わってしまった

俺ではない俺になってしまった

少しずつゆっくりと確実に
変化していった

周りに気を張る…否!バリアを張る事もなく
周りとの距離も近いが故に
気を遣う事もなく、視る事も考える事も
希薄になってしまっている
果たして良いのか…悪いのか

良くも悪くも…俺は変わってしまった

否!!!

変わってしまったのだ
スポンサーサイト
| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<分岐 | HOME | 失心>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。